人生なんてほろ苦いチョコレートのようなもの。

お酒をやめるのって体にも心にも良い事ばかり。

飲酒者の分母

 

 

今日、仕事の都合で行った滅多に行かない駅。

今ではよく見かけるようになった路上喫煙禁止条例の看板。

文言には「見つけたらすぐ科料

つい十数年前までは駅のホームに灰皿が置いてあった。

その時にはこんな看板が立つなんて夢にも思わなかった。

どうしてこんな事が出来るようになったのか考えてみた。

言い過ぎかもしれないが体感だと男性の7割近くが喫煙者だった。

煙草を吸うのが息をするのと同じくらいの感覚。

今ほど煙草の匂いを気にする事は少なかった。

日本中が煙草臭かったから。

 

 

 

変わったのは煙草の大幅な増税からだと思う。

300円台で買えていたのが一気に400円前半台まで値上がり

多くの大人達が思春期の名残りから卒業した。

多数派から少数派へと変わった事でテレビのCMは無くなり

自販機はタスポがないと買えなくなり受動喫煙問題が取り沙汰されるようになった。

吸わない人=クソ真面目なつまらない奴から、

吸わない人=常識のある社会の鑑と言われるまでのし上がった。

寛容されていたはずの煙草が絶対悪になったのは

非喫煙者の訴えが認められたのでは無く禁煙者が煙草を再び吸わない為に

起こした社会的運動のようなものだと勝手に思っている。

 

 

 

 

これを酒に置き換えてみたらどうでしょう?

非飲酒者は酒は体に悪いと分かっていても飲酒者に強くは言えない。

四六時中買えて街には居酒屋ばかりで酒は寛容されているから。

酒を飲まない奴=人生の半分を損しているヘタレつまらない奴。

飲酒者はよくこう言う「何で酒飲まないの?」と。

酒を飲まない理由を聞いてくる。

体を壊してから飲めなくなったからと言うと

まるで言い訳でもしているような気分になる。

これは全く逆で飲酒者は理由もなく酒を飲んでいるだけで、

飲みたいからストレスだのと言い訳をしている事に気付いていない。

だったら煙草だって同じでは?何が違うのだろう。

そういう時代だけの問題ではないはず。

 

 

外国では路上飲酒は禁止なのに日本では禁止ではない。

販売時間も制限されている国だってある。

日本より酒税が安い国もあるけれど飲み放題なんてあるのだろうか。

 

 

あと何年で酒は煙草と同じ末路を辿るんだろう。

禁酒が酒を見たくないから社会運動をし始めるんだろうか。

 

 

個人的には酒も煙草もほどほどにやっていけるのが

良いのではと思う。

 

 

 

断酒をして3ヶ月以上経つけど

人生が楽しくなったわけでも豊かになってもいない。

だからといってつまらなくもなっていない。

有っても無くてもどちらでも良い。

ただ飲んだくれには二度と戻りなくない。

 

酒の無いキャンプは楽しいか"断酒86日目"


今日は小学生以来のキャンプに来ています。

都内だけど久々に
時計を気にせずアナログ生活。
陽の時間に合わせたリズムが心地好い。


川原でバーベキューをして
石を投げて水切り、
川の冷たさが夏を引き立て
年甲斐も無く花火をして騒いだ。


足らないものはたくさんあるのに
満たされた時間。
無駄にせかせか働かなくても
生活は何処だって成り立つ。


取り残されていた時間を
見付けたような気がする。


酒が無くても楽しめた。
酒が無かったから感じられた。


余韻を感じないまま
眠りに誘われるまま
酒に酔わされたまま


朝日に迎えられる
酒飲み達のイビキの大合唱。


蝉の鳴き声より寝苦しいかな




f:id:iciro-51-otokojuku:20180811232257j:plain




酔って幸せなのは脳だけ"断酒77日目"


仕事の帰りがいつも遅い為
終電近くの電車に乗る事が多い。


場所柄のせいか駅のホームには
必ず酔い潰れている人がいる。


うずくまって介抱されている人。
眠りこくって駅員に肩を揺らされている人。
千鳥足でそこらに吐き散らしている人。


毎日飽きないくらい見かける。
自分が同じ時間をループしているんじゃないかと錯覚しそうになる。


好きでそうなっているのか知らないが
その酔っ払い達は必ず誰かに迷惑をかけている。


ストレスを発散するのは勝手。
人にストレスを与えるのは等価交換の原則に基づいての事なのだろうか。
そんな訳がない。


酔っ払っている時間は
羞恥心を捨てているのでしょう。
いや感じていないだけでしょう。


冷ややかなる羨望の眼差しに。


酒に理性を抜かれた
酒に囚われた操り人形。


滑稽に踊らされて歩む
その先は幸せへの近道なのか。


身体の自由を奪われ
周囲を遮断し何も感じない
自分だけが楽しい世界。


夢のような時間から醒めたら
青い鳥を探してみてはいかがでしょうか。


酒が見せる現実"断酒75日目"

酒に依存している人程
自分を大きく見せたい人が多い。


責めるのは得意でも
受けるのは不得意だ。


自尊心が強いせいなのか
些細なことでストレスに感じる。


自身を保つ為に酒に頼る。
周囲には頼れないのに。


常に情緒不安定なのは
脳がアルコールを求めてるから。


酒はあなたを孤独へと誘う。
醒めない世界は暗い部屋。


空の酒が転がる現実は
世界の果てにさえ思えるでしょう。

夏と酒の相性の悪さ"断酒62日目"


夏も本番、一昔前の
ビールの広告ポスターといえば
健康的な水着美女を連想します。
お店に貼ってあるのを見ると
子供心にも夏だなと実感したものです。
同時に不思議な気持ちも
湧き上がってきたのもその頃…。⬅




ビール+水着美女=夏
この式を疑いもせずに大人の階段上ってきました。


でも今ではよく分かりません。
夏にビールを飲んでいないからじゃなく
夏は人から水分を奪って死に至らす季節だからかもしれない。




アルコールはただでさえ
利尿作用があるので大量の汗をかく夏との相性は最悪。
喉が渇くだけならまだ良くて
屋外はもちろん屋内でも
熱中症の危険がある。



こんな経験は無いでしょうか?
バーベキューや海に出掛けて
炎天下の中、ビールや他のアルコールを飲むと
いつもより酔いが回ったりしませんか。
ひどい時は一杯で具合が悪くなる人もいます。
昔、海の家でバイトをしていたので
よく分かります。




何年か前に近所の祭りで
酒を飲みながら屋台をやっていたおじさんが、
熱中症で病院に運ばれそのまま帰らぬ人となってしまうという事がありました。



お茶でさえも夏には良くないのに、
アルコールを飲むのは自殺行為…。
たまに話をする方だったので
突然すぎて信じられませんでした。



夏にビールは喉が余計に渇きます。
水分が体外に排出されている分
アルコールの回りが早くなり
気が付いた時には手が痺れてきて
しまいには動けなくなってしまいます。
ビールでは水分補給はできません。



熱中症に気を付けましょうと
酒の大手メーカーが広告を出さないのはなぜなんでしょう。
間接的に人を殺めてしまっているのに…。



お酒を飲むのは自由で
罪には問われない。
今の時代になんの声も上がらないのは
不思議でなりません。
自己防衛するしかないのが現状なんですね。
お酒を飲まれる方は、
くれぐれもお気を付けて。

酒の匂いをマスクで隠す"断酒62日目"


日本列島は連日の猛暑日
こんだけ暑かったら…
捕まるの覚悟で服を
脱ぎたくなっちゃいますよね…。
それくらい暑い…(お前だけだからなそれ)


なのにも関わらず、
こんなに暑いのに(しつこい)
マスクしてる方、見かけませんか?



ここからはかなりの偏見で言います


もしかして芸能人??
いやいや日焼け対策でしょ??
いえいえ潔癖症なんでしょ??
それともお酒飲んでいらっしゃる??



このどれかしか思い浮かびません。
あくまで自分調べだけども
朝から日中にマスクをしている
中年の男性は高確率でお酒を飲んでいます。



何故かって?
隠れて飲んでるからですよ。
しかも仕事中に。


ばれまいと匂いを隠している。
つもりなんですよ。
顔は赤くてぷんぷん臭うのに。


職場の方には昨日飲み過ぎちゃって…
と言い訳しているのだろうか。。


最初は二日酔いでマスクをしたのかもしれない。


それが飲むが為のマスクに変わって…。
水筒に酒を入れて持ち歩くようになる。


辿る末路に決して幸せは
ありませんよね…。


知り合いのお父さんは
朝からお酒を飲んで仕事に行く
人で早くに亡くなられた。
悲しい現実ですよね。



その知り合いから
そのお酒の飲み方は体に良くない。
って諭されその話を聞かされました。


10年以上も前に
問題のあるお酒の飲み方をしていたのを
教えてくれてたんです。


飲んだくれていた姿が
父親に似ていたのかもしれません。



気付いて酒を断つまで
10年以上かかりました。



それが遅かったとは
思わないけど。
20年近く毎日酒を飲んでいたけど
やめられた。
やめるのに遅いなんてないんです。



でも自分で気付かない事には
始まらない。
自分の意思じゃなきゃやめられない。



人によってマスクではないのかもしれない。自分に取ってのマスクを。
自分からマスクを取り上げる事が
断酒への一歩に繋がるんです。

酒飲みの友人は酒飲み"断酒61日目"


しばらく放置していました…。
色々あって頭の中でぐるぐると
ずうっと何かが回っている感じでした。





―――――――――――――――――――――――




昨日、久しぶりに会う友人と
居酒屋に行ってきました。


f:id:iciro-51-otokojuku:20180716022019j:plain


友人は当たり前のようにビールを。
こちらはノンアルコールビールを。


「どうした?飲まないで平気なの?」
と最初はかなり驚いていた。


平気っていうか…飲まない事に慣れたよ。
と返すとまた驚いていた。


それもそのはず。
シラフで話をするのなんて高校生以来。


くだらない話をああだこうだ
言い合っていたら4時間も
話し込んでいた。


帰り際、友人が
「酒も無しに4時間も付き合うなんて
俺には無理だわ」
そう言った。


俺も前はそうだったよ。
笑いながら言葉を返した。


大人になったのか子供のままなのか
酒で誤魔化すようになっていた。


最後に言うのを忘れた。


酒が入っていないお前とは
何時間も付き合えないと。